滋賀の特産品|滋賀の婚活パーティーならエクシオ

滋賀の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

滋賀の特産品

> 滋賀の特産品

滋賀の特産品をご紹介します。
日本最大の湖、琵琶湖がシンボルの滋賀県は内陸県に関わらず多くの漁港を持つ湖国です。戦国時代には東海道、中山道、北陸道が合流する地であることから、本土の交通の要衝とされていた滋賀県は、山林豊かな地でもあります。そんな自然豊かな滋賀県の特産品をご紹介します。

近江牛

「近江牛」は黒毛和種の和牛で、滋賀県内での肥育が最も長かった牛に許される呼称です。肉用牛としての歴史が深く、神戸ビーフ、松阪牛とともに日本の三大和牛と呼ばれています。
きめ細かい肉質と甘みを感じる脂で、口の中でとろけるような特徴があります。美味しくて、他ブランドよりリーズナブルな価格なので、料理のプロに愛される牛肉なのだとか。

近江米

近江米 滋賀県で生産されたお米の総称を「近江米」と呼びます。「コシヒカリ」、「キヌヒカリ」、「日本晴」が多く作付けされていますが、滋賀県独自の「みずかがみ」、「秋の詩」、「ゆめおうみ」、「レーク65」など、多様な品種を栽培しています。

近江茶

意外と知られていませんが、滋賀県はお茶の発祥の地とされています。その歴史は西暦800年代まで遡ります。延暦寺を開いたことで有名な伝教大師最澄が、唐から持ち帰った茶の種を比叡山の麓(大津市・坂本)あたりに蒔かれたのが始まりなのだとか。
現在は主に煎茶とかぶせ茶が、甲賀市を中心に生産されています。

湖魚

日本最大の琵琶湖は、世界でも有数の歴史のある湖です。400万年の歴史を刻む琵琶湖で見られる動植物は、なんと1,000種類以上。その中には、ニゴロブナ、ビワマス、セタシジミなど琵琶湖にしか生息しない固有種が50種類以上もあります。
湖魚を用いた、なれずしとつくだ煮、アメノイオご飯は、平成10年に滋賀の無形民俗文化財に選ばれています。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.